金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード『Oppotunity』を徹底解剖

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード『Oppotunity』を徹底解剖

square Opportunity (オポチュニティ、投資のチャンス)を徹底解剖

このカードにはBigDeal(ビッグディール、大きな取引)SmallDeal(スモールディール、小さな取引)の2種類があります。 ラットレース脱出の助けになるような投資のチャンスが各種用意されています。

このマスに止まったら、BigDealSmallDealのいずれかのカードを1枚引くことができます。 SmallDealは頭金が5000ドル以下の物件、BigDealは頭金で6000ドル以上の物件が入っています。

『Small Deal』は小さい取引ですので、手持ちのお金が$6000未満の場合、『Big Deal』は大きい取引で手持ちのお金が$6000以上ある場合に引くことができます。もちろん、手持ちのお金が$6000以上ある場合で『Small Deal』を引いても構いません。 ちなみに、『金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖』主催のキャッシュフローゲーム会ではローカルルールで『手持ちのお金が$5000以上あればBig Dealを引ける』というルールでゲームを行っています。

基本的にはカードの内容を読み上げ、カードの内容がプレーヤー全員にわかるようにします。

取引によっては他のプレーヤーも資産を売買できる場合があります。
資産は、カードに売ってもよいと書いてある時、破産により売らざるを得ない時のみ売却できます。 また、資産を他のプレーヤーに売ることはできません。

自分が引いたOpportunityカードは、売ってよいとある場合のみ、交渉して価格を決め、他のプレーヤーに売ることができます。 カードを買ったプレーヤーはその場で、その資産をカードに指定された価格で買わなければなりません。

投資のチャンスは、次のプレーヤーがサイコロを振った時点で消滅します。
プレーヤーが売ることができるのは、自分が所有する資産のみ。
プレーヤー同士がチームを組んで投資物件を買うことはできません。


square Small Deal と Big Deal

それでは、実際に Small Deal と Big Deal のカードを見ていきましょう!

矢印 金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード Oppotunity 『Small Deal』を徹底解剖 矢印 金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード Oppotunity 『Big Deal』を徹底解剖

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム

500円から参加できる金持ち父さんのキャッシュフローゲーム会開催中!
時間管理&目標設定、ワクワク☆夢発見、セールス&コミュニケーションの
ミニセミナー付キャッシュフローゲーム会開催中!


『金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖』主催キャッシュフローゲーム
ラットレースを抜けたビジネスオーナーによるキャッシュフローゲーム会はこちら!!


|↑↑↑ このページの一番上へ戻る ↑↑↑|