金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカードSmall Deal 『 優先株 2BIGパワー 』 を徹底解剖

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード
Small Deal 『 優先株 2BIGパワー 』 を徹底解剖

ここでは、金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード、Small Deal の『 優先株 2BIGパワー 』 を徹底解剖していきます。

『Small Deal』一覧 優先株 2BIGパワー(単位のない数字は$)
カードNo. 種類 記号 今日の株価 利回り(ROI) 配当 価格変動幅
sd-52 優先株 2BIG 1,200 10% 10/月 1,200~1,200
sd-53 優先株 2BIG 1,200 10% 10/月 1,200~1,200

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード
Small Deal 『 優先株 2BIGパワー 』概要

さぁ、ここでは配当付の株式投資のカード『 優先株 2BIGパワー 』に入っていきます。

まず最初に『優先株』って何なのよ!?ということですが、
優先株とは、配当金を優先的に受け取れる代わりに、経営への参加権(議決権)が制限される証券のことだそうです。

優先株の保有者は、配当金の他にも、会社が解散した時に残った財産を優先的に受ける権利も持ちます。発行する企業とすれば、配当コストがかさむというデメリットがあるが、経営に口出しされずに資本を厚くできるというメリットがあります。また、一定期間後に買い戻せるという条件をつけておけば、業績が良くなって財務体質に余裕が出たときに買い戻して、資本関係を元通りに戻すことができます。ただし、業績が悪化して配当が約束どおりにできなくなった場合には株式に転換される可能性があります。政府が銀行をたびたび金融支援してきた際には、優先株の発行という形で行われてきたそうです。

株式で「優先株発行、転換価格上限○○円により希薄化が進む」というのをよく聞いた方もいらっしゃるかと思いますが、簡単に解説すると、、、
優先株の保有者とは、普通株の保有者より優先される債権者です。
つまり、会社が傾いたときは、普通株より優先してお金が返ってくる可能性があります。
その代わり、通常の配当金がもらえないなどといった欠点もあります。

発行者(企業)にとっては、優先株と普通株とでは、自己資本に対する扱いが違うので、優先株を発行した方がいいと判断するところもあります。

その優先株が、普通株に転換されれば、その分だけ普通株の株主が増加して、会社が稼ぐ利益の1株あたりの割合が少なくなります。それを希薄化をいってます。普通株主にとっては、会社の利益の金額は変わらないのに、急に株主が増えて損する、ということで、株が売られがちになります。

まぁ、興味のある方は詳しく調べてみてくださいな(^^)


他の株式投資カードと異なる点は2点。

1点目は価格変動をしないということです。
『 優先株 2BIGパワー 』の各カードに
価格変動幅  $1,200~$1,200
と書いてある通りです。

2点目は配当があるということです。
1株、$1,200で買うことができ、配当が月々$10つきます。

なお、『 優先株 2BIGパワー 』は Oppotunity の Small Deal の全56枚中2枚を占めています。


それでは、実際に各カードを見ていきましょう。


各カード別徹底解剖!
金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカードSmall Deal 『 優先株 2BIGパワー 』

square sd-52

優先株 2BIGパワー

国内大手電力会社の、高利回りの優先株。州の公益事業委員会により、配当金と価格は「適正」レベルに設定。

今回は、だれでも何株でも売買できる


記号 2BIG    今日の株価 $1,200
利回り 10%   配当 月$10
価格変動幅  $1,200~$1,200


『 優先株 2BIGパワー 』の発行元は国内大手電力会社だそうです。『 投資信託GRO4US ファンド 』に組み込まれている発電業界の一味でしょうか。

ゲーム的には、1株、$1,200で買うことができ、配当が月々$10つきます。



square sd-53

優先株 2BIGパワー

国内大手電力会社の、高利回りの優先株。州の公益事業委員会により、配当金と価格は「適正」レベルに設定。

今回は、だれでも何株でも売買できる


記号 2BIG    今日の株価 $1,200
利回り 10%   配当 月$10
価格変動幅  $1,200~$1,200


『sd-52』と全く同じカードです。



総評
金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード
Small Deal 『 優先株 2BIGパワー 』各カード別徹底解剖!

総評として、『 優先株 2BIGパワー 』は、この金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101の株式投資において、まず買う必要のないカードになります。

なぜならば、他の投資と比べて、明らかにROI&レバレッジが小さいからです。

カードの文中にある『配当金と価格は「適正」レベルに設定』の「適正」はそれを皮肉った表現なのでしょう。

もちろん、例えば現実の世界で30年とか長期のスパンで見れば良い投資になるのでしょうが、金持ち父さんロバート・キヨサキの言う『若くして豊かに引退する方法』としては不適切です。

ゲームにおいては、『 優先株 2BIGパワー 』のカードが出れば誰でも買うことができるので、『あとちょっと($50とか)不労所得が増えればラットレースを抜けられるのにぃぃぃ!!!』というときに出たら、買ってもいいと思います。

それ以外は、無視するのが吉です♪


矢印 前に戻る矢印 次に進む


金持ち父さんのキャッシュフローゲーム

500円から参加できる金持ち父さんのキャッシュフローゲーム会開催中!
時間管理&目標設定、ワクワク☆夢発見、セールス&コミュニケーションの
ミニセミナー付キャッシュフローゲーム会開催中!


『金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖』主催キャッシュフローゲーム
ラットレースを抜けたビジネスオーナーによるキャッシュフローゲーム会はこちら!!


|↑↑↑ このページの一番上へ戻る ↑↑↑|