金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカードSmall Deal 『 ビジネス・土地・金貨 』 を徹底解剖

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード
Small Deal 『 ビジネス・土地・金貨 』 を徹底解剖

ここでは、金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード、Small Deal の『 ビジネス・土地・金貨 』 を徹底解剖していきます。

『Small Deal』一覧 ビジネス・土地・金貨(単位のない数字は$)
カードNo. 種類 価格 頭金 ローン CF ROI 予想売却価格帯
sd-13 ク金貨 3,000 3,000 0 0 0% ?
sd-14 ロ金貨 500 500 0 0 0% 0~4,000
sd-15 土地
10エーカー
5,000 5,000 0 0 0% ?
sd-16 ビジネス(ソフト) 5,000 5,000 0 0 0% ?
sd-17 ビジネス(機械) 3,000 3,000 0 0 0% ?

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード
Small Deal 『 ビジネス・土地・金貨 』概要

まず、ここで紹介するカードに共通してるのが『買った時点ではキャッシュフローが発生しない』と言うことです。それどころか、予想売却金額まで不透明なものが多いです。
よって、初心者・初級者にとっては投機性の高い投資になるかもしれません。

このページでは、一つひとつのメリットとデメリットを徹底的に分析していきます。


各カード別徹底解剖!
金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカードSmall Deal 『 2Br/1Ba 』

square sd-13

友人が至急、現金を必要としている

友人が現金の必要に迫られている。1オンスのクルーガーランド金貨10枚を、時価よりかなり安い1枚$300で売るといっている。

このカードを自分で使うか、他のプレーヤーに売ることができる。

ROIは0%、将来$?で売れるかも。


価格 $3,000            負債  $0
頭金 $3,000     キャッシュフロー $0


1オンスのクルーガーランド金貨10枚を、現金の必要に迫られている友人からお勧めされています。
お友達の身にいったい何が!?

まず、基本的に借金を抱えている人に、現金を渡してその場を乗り切らせても意味のないことが多いです。
なぜなら、『今現金がない』という『環境』を作り出してしまっていることに問題があるからです。


ぐんそリンがお会いしたお医者様が、以前こんなことをおっしゃっていました。

ぐ:『先生はお金持ちでいいですよぇ~』
先生:『違うんだよ。お金持ちかどうかは収入の大きい小さいじゃなくて、
    キャッシュフローパターンで決まるんだよ』
グ:『どういうことですか?』
先生:『つまり、金持ち父さんが【中流以下】と呼ぶ人たちは、キャッシュフロー環境が悪いんだ。
    これは病気でも同じことなんだ。
    例えば、ガンになる。そして、切り取って治したとしよう。
    でも、結局ガンは再発することが多い。
    なぜなら『環境』を変えないからだよ
    体を『ガンになる』という環境にさらしてしまったからガンになってしまった。
    一度切り取ったからといって、その環境を変えない限りは再発の可能性は高い。
    脳梗塞でも同じことだよ。
    血管が詰まるような、食事、運動、喫煙等のライフスタイルのせいで脳梗塞が起こるんだ。
    そのときには、体のあちらこちらで血管がダメージを受けて、今まさに詰まらんとしているんだ。
    キャッシュフローも同じさ。いくら収入があったって、『大きな支出』という環境、
    そして、『仕事をし続けなければ生きていけない』という環境を変えなければ
    金持ち父さんのようにはなれないんだ。
    そして、ウチにはガラクタがいっぱいあるから(>_<)、
    何とかしようと思って行動しているんだよ』


この先生は、今は医者を続けながら、株式投資、不動産投資、そして正しい食事、運動、サプリメントを活用した予防医学(病気になってから対処するのではなく病気にならない体作りをすること)を活用したビジネスを行っています。
支出が大きいので、まだラットレースを抜けるには至っていないようですが、不労所得はかなりあるようですよ(^^)


さて、本題。
結論から言うとThe Marketのカード『tm-41』でのみ、売却することができます。
キャッシュフローを生み出すことは永久にありません。

売却できる可能性も全42枚の『 The Market 』のカードのうち1枚だけですので、確率も低いですね。

売却益も、 $ 3,000で買ったものが $ 6,000になるだけですので、それなら『 3Br/2Ba 』や株を買った方が、よりレバレッジ(てこ)をかけられます。

まぁ、お金に余裕があったら持っておくのもいいかもしれませんね。
もっとも、その頃には Big Deal を引いているでしょうが(^^;



square sd-14

希少な金貨

フリーマーケットで、珍しい1500年代のロイヤルスパニッシュ・ニューワールド・ペソ金貨(ハバナ造幣局発行のみ)を見つける。状態は良好。1枚のみ。売り手は$500を要求。

このカードを自分で使うか、他のプレーヤーに売ることができる。

ROIは0%、$0~$4,000で売れる可能性あり。


価格 $500            負債  $0
頭金 $500     キャッシュフロー $0


プレミア付の希少な金貨。
ここで紹介するカードの中で、唯一売却価格が表示されています。( $0~$4,000 )

結論から言うとThe Marketのカード『tm-42』でのみ、売却することができます。
キャッシュフローを生み出すことは永久にありません。

売却できる可能性も全42枚の『 The Market 』のカードのうち1枚だけですので、確率も低いですね。

ここまでは、ひとつ上のカード『sd-13』と一緒ですが、実はこの金貨の売却価格は『 $ 5,000』となっています。『ROIは0%、$0~$4,000で売れる可能性あり。』という文はなんだったんじゃい(-_-#) 銃殺!!
と、ぐんそリンは思ってしまいますが、まぁ10倍になる可能性があるのなら持っておくのも良いかもですね。価格も $ 500と安いですし。

ただし、可能性という意味では『 3Br/2Ba 』や株を買った方が、早く資金を得られる可能性は高いですね。



square sd-15

10エーカーの原野

未開発地域にある10エーカーの土地。小川が流れ、公園向きのすばらしい環境。道路なし、電気・ガス・水道なし、騒音なし。

このカードを自分で使うか、他のプレーヤーに売ることができる。

ROIは0%、将来$?で売れるかも。


価格 $5,000            負債  $0
頭金 $5,000     キャッシュフロー $0


本当に何もない、土地。別荘でも建てたいですね。
ぐんそリンがサバイバル生活を送るには、もってこいの土地ですね!Yes!!イェッサー!!!!

このカードはThe Marketのカード『tm-40』でのみ、売却することができます。
よって、こいつも確率は42分の1。

キャッシュフローも生み出しませんし、価格&頭金も $ 5,000と初期段階にしては高めです。
ただし、このカードは
Oppotunityの『Small Deal』の中でもっとも大きなキャピタルゲインをもたらします。

その売却額は、なんと15万ドル!!!
これだけあれば、ほとんどの職業でラットレース抜けまであとわずかになるでしょう♪

問題なのが、やはり確率。非常に効率が悪い(>_<)
ということで、『 3Br/2Ba 』へ投資した方が良い気がします。が、医者、パイロット、弁護士あたりは買っておくと良いカードだと思います。



square sd-16

パートタイムで会社を始める

おもいろいソフトウェア・プログラムのアイディアを思いつき、それを製造販売する会社を立ち上げる。設立期は利益なし、長時間労働、残業手当なし。

このカードを自分で使うか、他のプレーヤーに売ることができる。

ROIは0%、将来$?で売れるかも。


価格 $5,000             ローン $0
頭金 $5,000     キャッシュフロー +$0


このゲームにおいては、数少ない『起業』のカードです。

この『キャッシュフローゲーム101』の製作者でもあり、『金持ち父さん』シリーズの著書であるロバート・キヨサキさんも、『まずはBクワドラント(ビジネスオーナー、起業)へ行ってからIクワドラント(投資家)へ行きなさい』と言っています。

とはいえ、この『キャッシュフローゲーム101』において起業のカードが少ないのは、ボードゲームで表現をするのが難しいということなのでしょうかね。Big Deal においては、投資対象として様々なビジネスが出てきます。


さて、このカードの話に戻りますが『ソフトウェアの会社を立ち上げる』ということです。
イメージ的には、マイクロソフト、アップル、グーグルといったところでしょうか。
彼らもおそらくはそうであったように、『設立期は利益なし、長時間労働、残業手当なし。』
投資もそうですが、起業も簡単な甘いものじゃありません。

いきなりビジネスを立ち上げて、ちょちょいのちょいでビジネスオーナー、Bクワドラント到達!!
なんてことは、まずありません。誰だって、どんなビジネスだってSクワドラントでひぃひぃいう時期があります。

それを乗り越えられるかどうかで、右側のクワドラント~お金持ちの世界に行けるかどうかが決まります。


さて、具体的な話に入っていきますが、こいつもやはり42分の1の確率で売却できます。
The Marketのカード『tm-34』になります。
『将来$?で売れるかも。』は $ 100,000に化ける可能性があります!


さらに、この起業カード『sd-16』と次の『sd-17』は、The Marketのカードによってキャッシュフローが発生するカードになります。
具体的にはThe Marketのカード『tm-32』『tm-33』の各1枚ずつです。
実際にどうなる可能性があるかというと、、、


・ケース1

The Marketのカード『tm-32』キャッシュフローが$400発生する場合

Small Deal 『sd-16』がThe Marketのカード『tm-32』でキャッシュフローが$400発生する場合のROIの式

・ケース2

The Marketのカード『tm-33』キャッシュフローが$250発生する場合

Small Deal 『sd-16』がThe Marketのカード『tm-33』でキャッシュフローが$250発生する場合のROIの式

・ケース2

The Marketのカード『tm-32』『tm-33』キャッシュフローが計$650発生する場合

Small Deal 『sd-16』がThe Marketのカード『tm-32』と『tm-33』でキャッシュフローが計$650発生する場合のROIの式

以上のようになります。
このゲームに強い傾向ですが、ビジネスのROIは不動産のそれを凌駕する傾向が強いです。
やはり、ロバート・キヨサキさんの『まずはBクワドラント』が色濃く反映された結果と言えるかもしれませんね。

ただ、キャッシュフローがゼロであることを考慮すると初期に買うのは控えた方がいいかもしれません。
ぐんそリン的には、ロバート・キヨサキさんの教えにのっとって買うことが多いですけどね。



square sd-17

パートタイムで会社を始める

小型機械の新製法を発明し、それを製造販売する会社を立ち上げる。設立期は利益なし、長時間労働、残業手当なし。

このカードを自分で使うか、他のプレーヤーに売ることができる。

ROIは0%、将来$?で売れるかも。


価格 $3,000             ローン $0
頭金 $3,000     キャッシュフロー +$0


はい、こいつも『sd-16』と同様に起業のカードです。
今度は『小型機械の新製法』とのこと。
ちょっとイメージしにくいですけどね・・・本田宗一郎や松下幸之助あたりが近いでしょうか。

さて、具体的な話に入っていきますが、こいつもやはり42分の1の確率で売却できます。
The Marketのカード『tm-35』になります。
『将来$?で売れるかも。』は $ 50,000に化ける可能性があります!


さらに、この起業カード『sd-17』も『sd-16』と同様に、The Marketのカードによってキャッシュフローが発生するカードになります。
具体的にはThe Marketのカード『tm-32』『tm-33』の各1枚ずつです。
実際にどうなる可能性があるかというと、、、


・ケース1

The Marketのカード『tm-32』キャッシュフローが$400発生する場合

Small Deal 『sd-17』がThe Marketのカード『tm-32』でキャッシュフローが$400発生する場合のROIの式

・ケース2

The Marketのカード『tm-33』キャッシュフローが$250発生する場合

Small Deal 『sd-17』がThe Marketのカード『tm-33』でキャッシュフローが$250発生する場合のROIの式

・ケース2

The Marketのカード『tm-32』『tm-33』キャッシュフローが計$650発生する場合

Small Deal 『sd-17』がThe Marketのカード『tm-32』と『tm-33』でキャッシュフローが計$650発生する場合のROIの式

以上のようになります。
こちらは、ソフトウェア会社以上のROIをはじき出しますね!!

価格&頭金ともに、$3,000となっていますので、ソフトウェア会社よりも始めやすいですね。
資金に余裕があるときは買っておくと後々プラスの作用が働くことは多々あります。


総評
金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード
Small Deal 『 2Br/1Ba 』各カード別徹底解剖!

さて、非常に総括のし辛いのが、ここのカードたちです。

基本的には、積極的にどんどん買っていくべきカードではありません。
ここのカードを買うのであれば、やはり『 3Br/2Ba 』や株に投資をした方が、リターンのくる確率は高くなります。

ただし、医者、パイロット、弁護士などの職業では、これらのカードを積極的に買っていかないと、限られた時間の中でラットレースを抜けることは困難かもしれません。

また、リターンの大きいカードが揃っているので資金に余裕があるときに買っておく、あるいは残り時間が少なくて博打的に買うのが有効に活用できる手段かもしれませんね。『 The Market 』でHITする枚数が少ないので、既に対応するThe Marketのカードが出てしまったあとではないか!?という判断も重要になってきます。


矢印 前に戻る矢印 次に進む


金持ち父さんのキャッシュフローゲーム

500円から参加できる金持ち父さんのキャッシュフローゲーム会開催中!
時間管理&目標設定、ワクワク☆夢発見、セールス&コミュニケーションの
ミニセミナー付キャッシュフローゲーム会開催中!


『金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖』主催キャッシュフローゲーム
ラットレースを抜けたビジネスオーナーによるキャッシュフローゲーム会はこちら!!


|↑↑↑ このページの一番上へ戻る ↑↑↑|