金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカードSmall Deal 『 株式OK4U製薬会社 』 を徹底解剖

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード
Small Deal 『 株式OK4U製薬会社 』 を徹底解剖

ここでは、金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード、Small Deal の『 株式OK4U製薬会社 』 を徹底解剖していきます。

『Small Deal』一覧 株式OK4U製薬会社(単位のない数字は$)
カードNo. 種類 記号 今日の株価 利回り(ROI) 配当 価格変動幅
sd-26 株式 OK4U 1 0% 0/月 5~40
sd-27 株式 OK4U 5 0% 0/月 5~40
sd-28 株式 OK4U 10 0% 0/月 5~40
sd-29 株式 OK4U 10 0% 0/月 5~40
sd-30 株式 OK4U 20 0% 0/月 5~40
sd-31 株式 OK4U 30 0% 0/月 5~40
sd-32 株式 OK4U 40 0% 0/月 5~40
sd-33 株式 OK4U 50 0% 0/月 5~40
sd-34 株式 OK4U 株式分割 0% 0/月 持ち株数を
2倍にする
sd-35 株式 OK4U 株式逆分割 0% 0/月 持ち株数を
1/2にする

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード
Small Deal 『 株式OK4U製薬会社 』概要

『 株式OK4U製薬会社 』の各カードには
価格変動幅  $5~$40
と書いてありますが、実際には$1~$50で変動します。

『 株式OK4U製薬会社 』は『金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード Oppotunity の Small Deal』の株式投資のカード中で最もレバレッジの大きなカードになります。
最大で、$5株購入⇒株式分割⇒$50で売却、という流れに乗せることができれば20倍のレバレッジになります。

ただし、$1株(=倒産)や株式逆分割(=株数半減)のリスクも含まれています。

ちなみに、配当はありません(不労所得は発生しません)ので、完全にキャピタルゲイン用(売却益で手持ちの資金を増やし、それを不動産やビジネスに投資して不労所得を増やす用)です。

なお、『 株式OK4U製薬会社 』は Oppotunity の Small Deal の全56枚中10枚を占めています。(7分の1)


それでは、実際に各カードを見ていきましょう。


各カード別徹底解剖!
金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード
Small Deal 『 株式OK4U製薬会社 』

square sd-26

株式 OK4U製薬会社

高金利で、歴史ある製薬会社の株価が下落。

あなただけがこの株価で何株でも買うことができる
だれでもこの株価で売ることができる


記号 OK4U    今日の株価 $1
無配(利回りまたはROIは0%)
価格変動幅  $5~$40


高金利でめちゃくちゃダメージを受けています(>_<)
株価は空前の$1!!

当方『金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖』主催のキャッシュフローゲーム会では『$1株は会社倒産扱い』というローカルルールを採用しています。
ですから、誰かがこのカードを間違って(?)引いてしまったらOK4U製薬会社所有者のOK4U株は紙くずと化します。

つまり、OK4U株を何株持っていても、100株持っていても、1000株持っていても、このカードを引いたら0株になってしまいます。そして、もちろん購入することもできません。



square sd-27

株式 OK4U製薬会社

金利の影響で、歴史ある製薬会社の株価が低迷。

あなただけがこの株価で何株でも買うことができる
だれでもこの株価で売ることができる


記号 OK4U    今日の株価 $5
無配(利回りまたはROIは0%)
価格変動幅  $5~$40


またしても金利の影響で株価が低迷しております(>_<)

今日の株価は$5です。買える範囲での最安値になります。
ですから、タイミング的には『買い』です!

ただし、$1株『 sd-26 』によって、消滅してしまう可能性も秘めていますので、リスクを考えて投資額を決めましょう。
もっとも、この点については以下の全てのカードに言えることですが。



square sd-28

株式 OK4U製薬会社

高金利で、歴史ある製薬会社の株価が下落。

あなただけがこの株価で何株でも買うことができる
だれでもこの株価で売ることができる


記号 OK4U    今日の株価 $10
無配(利回りまたはROIは0%)
価格変動幅  $5~$40


またまた高金利の影響で株価が下落(>_<)
製薬会社は金利の影響を受けやすいのでしょうかね!?

今日の株価は$10ですから、タイミング的には『買い』です!



square sd-29

株式 OK4U製薬会社

インフレ懸念で、歴史ある製薬会社の株価が下落。

あなただけがこの株価で何株でも買うことができる
だれでもこの株価で売ることができる


記号 OK4U    今日の株価 $10
無配(利回りまたはROIは0%)
価格変動幅  $5~$40


インフレ懸念のせいで、株価が下落しています。

ゲーム的には『買い』のタイミング。



square sd-30

株式 OK4U製薬会社

緩やかなインフレで、歴史ある製薬会社の株価は高値を記録。

あなただけがこの株価で何株でも買うことができる
だれでもこの株価で売ることができる


記号 OK4U    今日の株価 $20
無配(利回りまたはROIは0%)
価格変動幅  $5~$40


『緩やかなインフレで、歴史ある製薬会社の株価は高値を記録。』とありますが、
実際はまだまだ上がります。

ただし、ここからは少々『買い』は考える必要があります。
レバレッジは2~2.5倍。株式分割を活用しても5倍が最大です。

悪くはないのですが、逆分割や倒産のリスクを考えると、ここで資金を投入する必要性は薄いように思います。

また、『売り』の際はこのあたりで売却してしまうのもひとつの戦略です。もちろん、もっと上がるのを待つのもアリなのですが、逆分割や倒産のリスクを考慮して利益確定させてしまうのも良いと思います。なぜなら、『 株式OK4U製薬会社 』は不労所得を生み出すわけではなく、次なる投資への資金を作り出すためのツールなのですから。ここで資金を失ってしまっては、元も子もありません(>_<)
まぁ、終盤戦でコレに賭けているのなら、もっと上がるのを待つしかないですけどね。当然、今までにどの『 株式OK4U製薬会社 』カードが出てきたかもチェックしておくと良いでしょう。



square sd-31

株式 OK4U製薬会社

歴史ある製薬会社。70歳以上の高齢者向けの薬に特化。

あなただけがこの株価で何株でも買うことができる
だれでもこの株価で売ることができる


記号 OK4U    今日の株価 $30
無配(利回りまたはROIは0%)
価格変動幅  $5~$40


70歳以上の高齢者向けに特化した薬の開発に成功したようです! こういう独占的な『違い』を生み出せる商品・サービスがあると強いですよね♪
会社の利益も上がるだろう、ということで、当然株価も上がってきました。

ゲーム的には『sd-30』と同じく、『買い』には微妙なカード(苦笑
逆に、もし持っていたらこのあたりで売っておくことをお勧めします。



square sd-32

株式 OK4U製薬会社

市場が好調で、歴史ある製薬会社の株価は高値を記録。

あなただけがこの株価で何株でも買うことができる
だれでもこの株価で売ることができる


記号 OK4U    今日の株価 $40
無配(利回りまたはROIは0%)
価格変動幅  $5~$40


さぁ来ました!OK4U!!ついに価格変動幅で表示されている最高値をつけました♪
厳密には、もう一段階上がるんですけどね。。。
それにしても、『市場が好調』なだけでここまで上がるんでしょうか(笑
バブル恐るべし・・・

ゲーム的にはもちろん『売り』です。欲張らないで売っておきましょう。



square sd-33

株式 OK4U製薬会社

好景気で、歴史ある製薬会社の株価が上昇。

あなただけがこの株価で何株でも買うことができる
だれでもこの株価で売ることができる


記号 OK4U    今日の株価 $50
無配(利回りまたはROIは0%)
価格変動幅  $5~$40


そして、ついに価格変動幅を突き抜けました。今日の株価は$50!!
この数字は『金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101』において、キャピタルゲイン型の株式投資カードにて(優先株2bigを除いた中で)最高値になります。
もちろん、速攻で売りましょう!
逆分割を食らっていなければ、どんな株価で買っていても利益が確定します!

それにしても、本文が『好景気で、歴史ある製薬会社の株価が上昇』。アッサリ(笑
ロバート・キヨサキさん、もっと何かなかったんでしょうか? それとも、素人の株式投資は景気や世間体に左右されるだけの運だけが頼りのギャンブルだから気をつけろよ、という警鐘の意味が込められているのでしょうかね・・・?



square sd-34

株式 OK4U製薬会社

会社が万事順調なので、株式を分割する。

OK4Uの所有者は全員、持ち株数を2倍にする(支払総額はそのまま)。
無配のまま。今回はだれも売買できない。


記号 OK4U
株式分割 1対2


会社が万事順調!!ということで、株式分割を行います。
現実の場合、株数が半分になります。


ここで、簡単に株式分割を解説しておきましょう。

株式分割というのは、それまでの1株を1.5株とか2株といったように分割することです。 「3月末に1株を2株に分割します」といった具合に会社から発表されます。すると3月末の時点で1株が2株に分割される。1000株持っていた人は2000株になります。2倍に分割された分、株価は2分の1になります。 ですから(株数×株価)のトータル価値は変わりません。

1株を2株に株式分割するということは、1箱100個入りの商品があったとしたら、それを2箱に分けようということです。だから今まで1箱(100個)持っていた人は、2箱(50個×2)に箱の数が増えることになる。当然1箱の値段は今までの半分になります。

でもそんなことして何か意味があるのかというと、1箱当たりの値段が下がるから、それだけ買いやすくなりますよね。例えばお中元の高級さくらんぼだって、1キロ単位で買おうとすると高くてなかなか普段は手が出ない。そこで、250gのミニサイズのパックにして価格もその分下げて販売したら大ヒットした、なんて例もあります。それと同じように、株だって値段が下がって買いやすくなることで、多くの人に買ってもらえれば株主数も増える。

実際の例で言うと、以前イーアクセス(証券コード9427)は、7月31日最終の株主に対して1対5の株式分割を行う、と発表しました。

1株を5株に分割すると言う意味で、1株持っていたら、新たに4株が割り当てられて合計5株になる。当時イーアクセスは、売買単位が1株単位で株価は60万前後だから、イーアクセスの株を買うのには最低60万円前後必要になる。それが株式分割して株価が5分の1になれば、10万円台ちょっとあればイーアクセスの株を買うことができるようになります。

株式分割をすることによって、『買いたいと思っても株価が高くて予算が足りない』なんていう個人投資家などに幅広く買ってもらうことで株主数を増やしたりするのも狙いの一つにあります。ホリエモンはやり過ぎたけど・・・ 売買単位の引き下げもそういう意味を含んでいます。

それに、1株当りの配当金がそのまま維持されれば株数が増えた分だけ配当金も増えるから株主にとっては実質増配ということにもなる。

でも、将来株価が上昇していったらどうするの?また、少額じゃ買いにくくなっちゃうじゃん・・・と思うかもしれませんが株式分割は1回だけしかいけないというわけじゃありません。そうなったらまた株式分割が行われるかもしれません。だから、何回も株式分割を繰り返す企業は成長企業というイメージが強い傾向にあります。例えば長期保有していたらすごい儲けられた例としてセブンイレブンが有名です。

35年前の株価が1800円で今は株価3500円前後だから、2倍になったと思うと大間違い。実際は株式分割を何回も繰り返しているから、最初に買った株を売らずに今まで持ち続けていると80倍にもなったことになる。

でも、なんですぐに株式分割をしてたってわかるのかというと、四季報に過去の株式分割の実施歴が載っています。チャートなどでも、株式分割の印が挿入されている場合もあります。


ということで長くなってしまいましたが、『金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101』においてはこのカードがでたら単純にOK4U所有者の株数が2倍になり、売買はできません、というだけです。

例えば、$10で100株買っていた($1000支払っていた)ら200株に増加⇒$10×200株=$2000分の資産価値がある、ということになります♪

もっとも、この株式分割と次の株式逆分割は強制執行ですので拒否はできないのですが、、、この『株式分割』はラッキーカードになります(^^)



square sd-35

株式 OK4U製薬会社

会社は悪戦苦闘中! 薬害スキャンダルで、巨額の損失。株主は全員、所有権の半分を失う。

OK4Uの所有者は全員、持ち株数を2分の1にする(支払は不要。支払総額はそのまま)。
無配のまま。今回はだれも売買できない。


記号 OK4U
株式逆分割 2対1


来てしまいました。逆分割(>_<)

『sd-34』の株式分割の逆ですから、アンラッキーカードです。

『金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101』においてはこのカードがでたら単純にOK4U所有者の株数が2分の1になり、売買はできません、ということになります。

例えば、$10で100株買っていた($1000支払っていた)ら50株に減少⇒$10×50株=$500分の資産価値になってしまう、ということになります。

この株式逆分割も強制執行ですので拒否はできませんよ!



総評
金持ち父さんのキャッシュフローゲーム101のカード
Small Deal 『 株式OK4U製薬会社 』各カード別徹底解剖!

ということで、総評に入っていくわけですが、ひと言でいうのであれば『 株式OK4U製薬会社 』はハイリスク・ハイリターンのカードであるということです。ただリスクの可能性という意味では、次の 『 株式MYT4Uエレクトロニクス社 』と同じ確率で、レバレッジ(てこ)は『 株式OK4U製薬会社 』の方が大きいので、どうせ買うならこちらをお勧めします。

もし、このキャッシュフローゲームにて株式投資で資金を増やすのであれば、リスクを考慮しつつもうまく活用していくべきでしょう。

リスクマネジメント(危険を回避する)とい意味では、$1株が出たかどうかをチェックすることが大切になります。
もちろん、株式逆分割も嫌ですので、できれば避けたいですが半分になっても残るだけマシです。

$1株と株式逆分割カードに共通しているのは、それぞれ1枚ずつしかないということです。ですから、一度出てしまえばカードをきりなおさない限りもう二度と出てきません。そういう状況が来れば、安心して持ち金の全てを投入することができますね♪(笑

ただし、同時に$50株や$40株も出尽くしてしまった後では利益はなりませんのでご注意を!

ということで、運に左右される面が大きいためか、上級者の方は『 株式OK4U製薬会社と株式MYT4Uエレクトロニクス社は使わない! 』と決めてプレイする方もいらっしゃいますよ(^^)


矢印 前に戻る矢印 次に進む


金持ち父さんのキャッシュフローゲーム

500円から参加できる金持ち父さんのキャッシュフローゲーム会開催中!
時間管理&目標設定、ワクワク☆夢発見、セールス&コミュニケーションの
ミニセミナー付キャッシュフローゲーム会開催中!


『金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖』主催キャッシュフローゲーム
ラットレースを抜けたビジネスオーナーによるキャッシュフローゲーム会はこちら!!


|↑↑↑ このページの一番上へ戻る ↑↑↑|